ニュース

グルンドフォスグループ2020年業績

2020年は上半期にCOVID-19の影響を大きく受けるも、下半期に販売體制を強化したことで、2020年度売上は前年比1.0%減となりました。この厳しい環境下でも売上高純利益率は9.9%に達し、グルンドフォスは高い顧客満足度スコアを維持し、持続可能性に対する目標を実現し続けました。

?

2020年のEBIT(支払金利前稅引前利益)は2,606百萬DKK(デンマーククローネ)となり、売上高純利益率(EBIT/純売上高)は9.9%に達しました。この収益結果は、構造改革費および、その他不履行項目の影響を含めたものです。これらの不履行項目を調整すると、グルンドフォスの売上高純利益率は11.1%に達し、これは創業以來2番目に高い結果となります。

2020年度純売上高は263億DKKとなり、売上高成長率は前年比4.4%減となりました。35億DKKの営業活動によるキャッシュフローと68.9%の自己資本比率により、強固な財務基盤が確保されています。

グルンドフォスグループ社長兼CEOであるポール?デュー?イェンセンは、この誇るべき結果について以下のように述べています。

「COVID-19の流行により、2020年は全ての人々にとって挑戦の年となりました。私たちの最優先事項は、安全な作業環境を確保し、お客様に最善のサービスを提供し続けることです。私たちはこの財務結果に非常に満足しています。世界の水と気候の課題を解決し、人々の生活の質を向上させるという私たちの目的を達成するための、戦略と革新にさらなる投資を行うことができます。」

さらにグルンドフォスは、2008年のベースラインと比較して、自社の水消費量を51%削減し、CO2排出量を36%削減することで、持続可能性への目標を実現し続けました。

また、9月に実施した従業員満足度調査では、従業員満足度が過去最高レベルの結果となりました。

「グルンドフォスは人々によって形作られています。COVID-19の世界的大流行にもかかわらず、非常に良い財務結果となったこと、従業員満足度および顧客満足度スコアが向上したことを誇りに思います。また、私たちは自社のエネルギー消費量を大幅に削減するだけでなく、お客様のエネルギー消費量も削減することで、気候変動に対してプラスの影響を與え続けました。さらに、私たちは新たなお客様を中心に作られた組織の稼働にも成功しました。グルンドフォスは本當に良い形で、未來に向かっています」とポール?デュー?イェンセンは付け加えています。

2020年の財務ハイライト

?純売上高   :263億DKK(デンマーククローネ)

?売上高成長率 :前年比-4.4%

?売上高純利益率:9.9%