記事

単管パイプ暖房用途での低デルタTの克服

熱損失を低減し、システム効率を向上

課題:

単管パイプの暖房用途では、溫水は通常、ビルの最上部からシステムに入り、配管を通じて分配されて、ラジエータを次々に加熱します。 ただし、1臺のラジエータが閉じている場合、水は流量と戻り配管の間でバイパスされ、戻り溫度が上昇してデルタTが低下します。 その結果、戻り水の溫度が上昇し、暖房プラントから建物の所有者への相當量の微粒子が発生します。

當社のソリューション:

システムのメインポンプをデルタT制御のグルンドフォスTPEポンプに変更することが最初のステップです。 しかし、ポンプから最も遠いビルの居住者が実際に必要な熱を受け取るという保証はありません。 そのため、グルンドフォスでは、システムの重要な箇所に、圧力(吐出)と吸込(吸込)の差であるDelta Pを監視および制御するセンサを搭載しています。 この複合ソリューションは、経済性の観點から最適な運転を確保すると同時に、居住者に適切な快適性を提供します。

デンマークのランゲネスにある7階建てビルのテナントが、グルンドフォスTPE3の統合デルタT制御によって暖房費を削減した方法をご覧ください。

簡単な設置と試運転

グルンドフォスTPE3を使用して、HVACシステムに簡単に設置および試運転できる方法をご覧ください。 TPE3はあらゆるビル管理システムに簡単に接続でき、エンドユーザーの快適性が向上し、柔軟性が高く、ビルの負荷要件に適応します。

その他の関連記事と見識

グルンドフォスの調査や見識に関連する記事をご覧ください。

関連する用途

このテーマに関連するグルンドフォスの用途を検索してください。