記事

水不足が現実になるとき

世界的に都市化が急速に進み、2050年までに25億人以上の人々が都市部で生活することが予想されており、安全できれいな水の需要は、増加の一途をたどっています。

そして、需要が増加しているにもかかわらず、私たちは利用可能な水資源を汚染、または無駄にし続けています。 すべての廃水のうち80%は、適切に処理されずに自然に戻されています。 世界的に見ると、汲み上げた淡水全體の平均30%が無駄になり、都市では水ネットワークの不良により、汲み上げた水の60%を無駄にしています。

メキシコシティにとって、水不足の概念は目新しいものではありません。 同市では使用する水の40%を、遠方の水源から輸入するほどの水不足が常態化しています。 同時に、パイプネットワークの問題により、同市は汲み上げた水の40%を失い、その上、廃水をリサイクルする大規模な設備もありません。 しかし、インテリジェントな水ソリューションは、このような損失を劇的に削減します。

多くの都市の水関連のインフラは老朽化しており、この急速な成長に対処するための設備が整っていません。現在の事業形態では、2030年までに淡水の供給と需要の間に40%のギャップが生じることになります。

世界中の多くの大都市がデイ?ゼロに近づいており、ロンドン、マイアミ、北京、メキシコシティ、ケープタウンなどの都市では、飲料水が枯渇する危険性があります。 これらの世界的な水問題を克服するためには、水の使用と再利用に適した水管理ソリューションが不可欠です。 そして、永続的な変化を起こすためには、正しい考え方が不可欠です。

事実

水損失

世界的に見ると、汲み上げた水の平均30%が、蛇口に到達することなく失われます。 都市部ではその平均はさらに高くなり、60%に達します。 これらは漏水と盜水によって失われています。 國ごとに見た無収水の例は、次のとおりです。 英國21%、メキシコ40%、米國20%、スウェーデン40%、リベリア49%、アルメニア83%、中國21%、ベネズエラ62%。

出典: R.Liemberger and A.Wyatt 「Quantifying the global non-revenue water problem」  

水需要

今日、20億人以上の人々が、淡水資源へのアクセスが制限される危機に直面しています。 2050年までに世界の人口の40%が、深刻な水不足の下で生活することになると予測されています。

出典: 「持続可能な開発目標6, UNWD Report 2018+2020」

都市化

2050年までに25億人以上の人々が都市に住むようになり、世界人口の68%を占めると予想されています。 この都市での人口増加の約90%は、アフリカとアジアで発生すると予想されます。

出典: 國連経済社會局

実行中のソリューション

世界中の都市は大きな課題に直面していますが、より効率的で持続可能な、水管理のためのインテリジェントソリューションがあります。 水処理、再利用、需要主導型配水など、これらのソリューションの一部はすでに実行されており、最適な水圧と流量を確保し、世界中の都市での配管破損を最小限に抑えています。

寧波では150萬人の市民のために、安全かつ正確に薬注

10年前、中國の寧波市の湖水施設では、危険な化合物である次亜塩素酸ナトリウムの汲み上げが必要でした。 今日も、グルンドフォスの薬液注入ポンプは力強く、150萬人の市民に安全な水を保証し続けています。

浄水場で20%のエネルギーと節水を実現

カンボジアのタケオ州では、ある給水會社が、ドゥン?カエフという小さな町とその周辺の45の村に、飲料水を供給するのに苦労していました。 グルンドフォスとの提攜により、高効率な需要主導型の給水ソリューションで問題を解決し、水損失を13%、配管破損を29%削減して、村人に24時間體制で信頼できる給水システムを提供しました。

ポンプゲートがもたらした福州の河川の新しい流れ

中國の大都市福州では、何十年もの間、河川や運河の悪臭のする汚水問題がありました。 グルンドフォスの一連のポンプゲートにより、再び正しい水の流れがもたらされました。 このソリューションにより、悪臭を放つ汚染された水が根絶され、人口の多い川沿いの地區で生活環境が改善されました。